シュウトブログ

フリーランス・オンライン家庭教師ブログ

フリーランスオンライン家庭教師の年収ぶっちゃけてみた

こちらに記事を移行しました。





フリーランスでオンライン講師を始めて2年以上が経ち、その間でいくら稼いだのか、リアルをぶっちゃけます。「オンライン家庭教師まなぶてらす」での収入目安になりますが、これからフリーランスでオンライン講師を始めようと思っている方は参考にどうぞ^^

<結論:月平均100時間の稼働で年収200万

ざっくりな説明は「売り上げで7割が報酬になるサイトで、1コマ(50分)2500円の授業を月平均で100コマ程度行った結果、税金を引いた手取りで月15万程度、年収にすると200万くらい」になりました。

もちろん、フリーランスなので経費や控除など、税金の計算も人それぞれ、他にもいろいろと条件や時期によって収入の変動もあるので一概に言えませんが、実際に私の収入は2年目でこのくらいの金額になりました。・・・数字にすると、とってもリアルですよねw

安い!と感じた方にお伝えしたいのは、私自身、フリーランスで家庭教師ってすごく儲けてるイメージがありましたが、現実はそんなに甘くなかった!ということです。オフラインの家庭教師も含め、大体の方はおそらく、このくらいがリアルだと思います。

もしかすると、稼働が月150時間くらいで授業料が高くて人気な方は月収60万とかあるのかもしれませんが、私には一切想像がつきませんw(高時給や高額な報酬が記載されているサイトもあるくらいなので、目指せなくはないと思いますが、再現性があるかどうかはわかりませんね)

しかし、私の率直な感想は「このくらいの稼働と精神的な負荷でこの金額ならコスパめっちゃいい!副業としてはこれ以上ないくらい満足!」です。もちろん上手くやっていく必要がありますが、一概に年収だけ見て判断できるものでもないように感じます。

ここからは、これまでの私の経験を振り返りつつ、この年収に妥当性や再現性があるかどうか考察していきながら、個人的な評価もしつつ、詳細に説明していきます。

・料金設定から考察してみる

フリーランスで家庭教師をする場合、家庭教師センターや大手サイトの料金相場より1000円〜2000円程度安く金額設定をすると、フリーランスの料金相場になるイメージです(個人の調べですが)

いくつか一例を挙げると、1コマ50分授業で1対1の個別指導を想定すると・・・

難関受験対策・・・大手相場1コマ6000円→フリーランスだと4000円以下で安い!
私立受験対策・・・大手相場1コマ4500円→フリーランスだと2500円以下で安い!

となるので、この辺りが売り上げの目安となってきます。(教材費とかは考えてません)
逆に「1コマ50分1000円で授業します!」と安く設定してしまうと、品質に不信感を感じさせたりするので、安いほど良いということでもなさそうです。
そもそも100コマやって売り上げ10万って割に合わない気が・・・将来的に値上げするならいいと思いますが、「とにかく安いから」という理由で受講する方は、値上げすると途端に辞めるのでやはりオススメはしません。

私の場合、1コマ2500円設定なので、「公立中学の指導としてはやや高い、私立受験・高校生指導としては安い」という市場感覚と見ているので、主に中学私立受験や高校生や中高一貫生の方を対象に授業をしていることが多いです。

1コマ2500円であれば、相場から見ても妥当であり、かつ他の講師の方も再現性の高い料金設定かと思われます。

・稼働時間から考察してみる

働く時間をどのくらいに設定するのが良いのかを考えた時、副業的にするにしても、1日2時間以下の稼働時間だと「他の日にまとめて働きたい!」と思います(個人の意見ですが)

逆に6時間以上にすると、副業というより本業に近いものになり、コマが連続すると授業の品質が下がるように感じます(新鮮味が無くなったり、後半に疲れたりする)

よって、3〜5時間程度の稼働時間、平均して4時間を働く時間に設定すると、パフォーマンスも高く、ライフワークバランスが最も良いのではないかと感じています。

私の場合、1日5コマ週6で予定を空けて、月あたり100コマ程度授業をすることを目標にしていました。実際に、ライフワークバランスが最も良かった時期は1日4コマ程度で働けていた時だったと感じます。

よって、稼働は1日4コマ×6日×4週=月100時間程度を目安にすることが、心身共にバランスよく働けるので、副業もしくは複業的に行うことをオススメします。

注意すべき点は、授業時間以外で、保護者の方とメッセージのやり取りをしたり、授業準備をする時間は考慮していないので、時間をかける方はそこも込みで考えておきましょう。
私の場合、5〜10分程度で済ませているので、そこまで気になっていませんが、授業準備に時間をかける方は、ライフワークバランスが崩れないように気をつけましょう。

・売り上げを考えてみる

上記のことを含め、まなぶてらすを参考にすると、月の売り上げは「1コマ2400円×100コマ=24万円」です。(まなぶてらすの場合、ポイント制なので、1Pt=1.1円換算として算出するため、2500円授業を2400円として計算しています)

これは年間の平均なので実際は時期によって変動します(受験前が一番忙しく多くて120コマ以上、受験後は人が入れ変わりが激しくて少ないと60コマもいかない)

また、夏休みなど長期休みになれば1日6~8コマやったりと時期よって変わります。

私の場合、年間平均して100コマ程度ありました。しかし、ポイント昇級に伴い問い合わせ数も減少したので、あくまで上記は目安としてみて頂けると幸いです。

・手取りを考えてみる

ここから、重要なことは「サイトの手数料」です。サイトの手数料はそれぞれ違うので、今回はまなぶてらすの手数料(3割)を元に計算してみます。

すると、利益は「24万×0.7=16万8000」約17万くらいです。

ここから、所得税を引いた手取りは「16万8000×0.9=15万1200」約15万です。

年収にすると200万程度。まなぶてらすの場合、7割が報酬と歩合は高いですが、そのかわり運営側から生徒を紹介されたり、授業を補償するような制度はほぼありません。

問い合わせが来ず、挫折して辞める方も多くいます。そういったリスクもあるので注意が必要です。

しかし、講師サポートは充実しているように感じますので、生徒を抱えれば継続はしやすいように思います。

また、始めてすぐ稼げるようになったわけではありません。始めた当初は1コマ50分で2000円の授業が月10コマもありませんでした。

段々と問い合わせが増えて、昇給もして、1年が経ったころ、1コマ2400円で100コマ程度、授業をすることができる状態までに至ったといった具合です。

もしフリーランスでオンライン家庭教師を本業で始めようと思う方は、少なくとも数ヶ月は収入がなくても耐えられるだけの貯金は必要です。

・オススメのオンライン家庭教師サイト

初めてフリーランスでオンライン家庭教師を始めようと考えている方にオススメのサイトを貼っておきます。私自身も登録しているサイトです。
広告費とかもらってないのでご安心くださいませ(笑)

 

「まなぶてらす」フリーランスにオススメのサイト

www.manatera.com

講師採用ページも載せておきます。

www.manatera.com

 

「カフェトーク」海外に在住の方も利用しやすい

cafetalk.com

・手数料が安いのは「スキルマーケット」

手数料の安さだけでみると、スキルマーケットサイトがオススメです。

しかし、オンライン家庭教師サイトに比べ、レッスンをサポートする制度はないので、中級者向けです。

初めてオンライン家庭教師を始める方は、オンライン家庭教師サイトに登録することをオススメします。

ですが一応、オススメのスキルマーケットの紹介をしておきます!

 

「ストアカ」手数料が10%で負担が少ない

www.street-academy.com

 

「ココナラ」最大のスキルマーケットサイト

coconala.com

 

<最後に>

ストアカにてオンライン家庭教師のサポート講座を開講しています。ご興味のある方は、下記のストアカページをぜひご覧いただいて、お問合せください^^

 

www.street-academy.com

 

<プロフィールページ>

shuuchan-aaa.hatenablog.com